旦那様の海外転勤で初海外生活スタート!~日々の生活を綴ってます~


by champagne-veuve

<   2011年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

パンレッスン

今月のパンレッスン、ほうれん草を練り込んだ生地と聞いてたので楽しみにしてました053.gif
どうやって混ぜ混むのかな~?と思ってたらほうれん草をペースト状にして練り込む生地。
抹茶ですか?みたいな綺麗な緑色の生地♪
生地の写真撮り忘れてしまい、焼き上がりこんな感じです
a0140814_12375868.jpg

a0140814_1239147.jpg

ふわふわで美味しい~011.gif
野菜をにんじんやカボチャに変更しても美味しそうだしアレンジ色々出来そう!!

もう1種類はシリアルを練り込んだ生地にいちじくをいれたパン
a0140814_12405634.jpg
a0140814_12411727.jpg
a0140814_12413497.jpg

先生いわく、パリで最も注目されているブーランジェの一人 “ドミニク・サブロン”のお店で働いてた時と似たような配合と成形にしてみました、との事。
へええ~005.gif
因みに成形は「いちじく」の形にしてます。私が成形したのはちょっと違う形になってますが・・・。
教室だと綺麗に作れるのが家だと急におかしくなっちゃうのは何でなのかなあーー。ハードパン。。まだまだ修行が必要なワタクシです009.gif
[PR]
by champagne-veuve | 2011-08-26 12:45 | Ecole Levain D'anta | Comments(1)

お料理教室「Feve」

パンレッスンで仲良くなった同い年のNanaさん
Nanaさんがずっと通っていたというお菓子教室の先生がご自宅でお教室を開いたとの事で、Nanaさんにお誘い頂いて早速行ってきました!
ホームページを見てても雰囲気が素敵で凄く楽しみにしていた当日053.gif
場所は中目黒から歩いて五分程度。
大通りを一本中に入ると豪華な住宅街!!!
そしてとっても素敵なお宅が見えてきて、え、ここ?ここだあ~!可愛い~!ってテンション上がる私016.gif

お家の中もとっても素敵072.gif
「Feve」
a0140814_18494611.jpg
a0140814_1850969.jpg
a0140814_18502959.jpg

キッチン道具からお部屋の隅々までにこだわりが一杯あって可愛くているだけでほわんとしてしまう雰囲気060.gif
こんな素敵なお家を旦那様に建てて貰えたら私何があっても一生愛せる気がする017.gif

お部屋にほけほけしながらもレッスンはスタート!
まずはパテ作り
a0140814_18562485.jpg

型にベーコンを敷いてそこにパテの材料をフープロで滑らかにして均一に押し込む
a0140814_18572847.jpg

オーブンで蒸し焼きにして出来上がり~
a0140814_1858362.jpg


続いては「美桜鶏のコンフィ」作り。日持ちもするし前日に作っておけるのでおもてなしに良いですよ~、との事060.gif
味付けした鶏肉を油につけてこちらもオーブンへ
a0140814_18593797.jpg
a0140814_18595280.jpg

低温でじっくり火入れするので身がしっとりしてて美味しい~!

そして「雑穀米入り韓国風焼肉ピザ」
まずは生地作り
a0140814_1914894.jpg

出来上がった生地をピザの形に成形して
a0140814_1921584.jpg

焼き上がったら上から焼肉や刻んだネギを乗せて出来上がり
a0140814_1931145.jpg


雑穀米のもちもち感も面白くてピリ辛なソースも大好きな味053.gif
これは是非とも復習したいものばっかり!!

とっても素敵な空間と優しい先生のレッスンはあっという間に終了。

次はお菓子のレッスンに行ってみたいな~012.gif
[PR]
by champagne-veuve | 2011-08-24 19:07 | 習い事 | Comments(2)

甘酒入りのパン・ド・ミ

甘酒あんパンを幼なじみのEriちゃんに絶賛して貰って調子にのったワタクシ037.gif
う~ん、他にどんなパン作ってみようかなあ~と帰りの電車でひとしきり考え、「あ、食パンは?!」
パンの甘味としっとり感を考えると合いそうな予感がする060.gif

で、配合は幾つか習ったけど、今回はずっと気になってたこちらのレシピの配合をお借りして試作
a0140814_9141394.jpg

こちらの配合水分が85%とかなり多め。行程写真ではそんなに練り込んでなかったけど私はしっかり高さも出したいので結構グルテン出して練り込んでみました。
a0140814_9154781.jpg

粉は高さのためにジェニュインを30%しっとりもちもち感ではるゆたかブレンド70%そこに甘酒の素を15%加えて甘酒分は水分をひいてみました。

成形後
a0140814_917066.jpg


二次発酵後
a0140814_9174038.jpg


釜のびもしっかりしてくれて高さも十分!!
若干形いびつですが・・・。
a0140814_9181472.jpg
a0140814_9182845.jpg
a0140814_9184488.jpg


しっとり感に加えてかるーいもちもち感が良い感じ053.gif
口溶けも良い!!!おお~、麹ちゃん、かなり使える!!!
ん~、次は何に入れてみようかなあ~011.gif
[PR]
by champagne-veuve | 2011-08-18 09:21 | パン | Comments(4)

八月花形大歌舞伎

先日、海老蔵さんの歌舞伎を見た時に翌月公演も気になってたワタクシ060.gif
「歌舞伎美人」のサイトを見てたらぽかっと1日だけ3階席2500円の席がたった一枚残ってる!!歌舞伎素人の私にはこの席で十分!!!しかも一番見てみたいな~と思ってた演目なので速攻で購入053.gif
購入した演目は第二部の作品↓

『八月花形歌舞伎』の第二部で上演される、新作歌舞伎『東雲烏恋真似琴(あけがらすこいのまねご と)』中村福助、中村橋之助、中村獅童、中村勘太郎ら人気俳優。劇作家・演出家のG2今回初めて歌舞伎を作・演出することに なった。『東雲烏恋真似琴』は、橋之助演じる堅物の御家人・新左衛門が、ひょんなことから花魁の小夜と結婚することになるが、彼女は 別れた元恋人に殺されてしまう。その死を認めたくない新左衛門はある日小夜そっくりの人形を手に入れると、人形を本物の小夜と思い込 み一緒に暮らし始める。そのうち小夜が生きているという噂が広まり……というストーリー。

橋之助さんや中村獅童さんの舞台も楽しみだけど七之助さんの女形もどんな感じか楽しみ~016.gif
a0140814_1657252.jpg


a0140814_1715532.jpg


内容は現代劇のような感じで笑いもたっぷり、見やすい内容で舞台演出も面白いなと感じました。
ただ個人的には大分見やすすぎて歌舞伎っぽい情緒や深みが感じられにくいような・・・と感じたけどあくまでド素人の感想です、はい。
福助さん演じるお小夜はさすが、美しい072.gifのに、橋之助さん演じる新左衛門をたぶらかそうとするシーンは恐ろしさもありつつ、笑えてさすが!!
七之助さんの演じるお若も本当綺麗~012.gif


25分の幕間を挟んだ後は12分間の舞踊「夏魂まつり」↓
a0140814_16565497.jpg


京の加茂川べり。如意ヶ嶽の山腹で焚かれる大文字の送り火を見るために、若旦那が芸者たちを連れ立ってやってきます。まるで幻のように夜空を焦がす炎を眺めながら、故人の精霊たちを思い、過ぎゆく夏を惜しむのでした。
 明治、大正時代に活躍した歌人九條武子の遺作で、今回上演されるのは、舞踊詩『四季』の「夏」の部分。京都の晩夏を彩る大文字の送り火を描いた季節感溢れる舞踊を、芝翫が子息や孫とともに情緒豊かに舞います。

橋之助さんのご子息二人も出演されてて中村家3代勢揃い、そして橋之助さんの女形姿は思いの外、綺麗~!!って失礼か・・・。
京都の大文字焼きの景色を舞台でみれて何となく夏の情緒を感じる。明日からはお盆だし、お墓参り、行かねば!!夏の夕暮れのちょっともの哀しいようなしっとりしたこんな雰囲気良いな、そんな気持ちになりました。
[PR]
by champagne-veuve | 2011-08-15 17:17 | ミュージカル | Comments(0)

甘酒生地のあんパン

出来上がった甘酒の素を使って早速あんパン生地、仕込んでみました060.gif
粉量に対して15%の甘酒の素を加えて生地作り
生地のこね上がりが、ちょっと~、良い感じな予感しちゃう053.gif
a0140814_18565533.jpg

今回粉はボリューム感でジェニュイン、しっとり感ではるゆたかブレンドかなってイメージで半々で使用してみました。
今回は小豆もきび砂糖で炊いてこちらも良い感じ
a0140814_18584689.jpg

甘酒生地で包んで3個はブリオッシュ型にいれてみる、そしてごまだったりあられだったりをトッピング
a0140814_18594715.jpg

焼き上がり~060.gif
a0140814_1902650.jpg

おおおお~、麹のお陰で生地がしっとりしてて良い感じ016.gif
これは良いかも!はまっちゃうかもお~!
[PR]
by champagne-veuve | 2011-08-13 19:02 | パン | Comments(0)

甘酒の素

塩麹は仕込んでから出来上がりまで一週間から10日かかるらしい。。
って事で、5時間で出来る「甘酒の素」も早速仕込み作業060.gif
でも凄く簡単でした003.gif
ちょっと写真の画像あまり良くないですが・・・。

ばらばらにした麹を炊飯器に入れて
a0140814_18513220.jpg

55℃のぬるま湯を注ぎ
a0140814_1852872.jpg

炊飯器の保温設定で60℃を保ちながら4~5時間放置
私は5時間弱放置しました。その後完全に冷めてから70℃まで温めて出来上がり~!
a0140814_18531021.jpg

冷蔵庫保存で一ヶ月くらい持つそうです。
早速これをあんパンの生地に仕込んで作ってみたいなあ~012.gif
[PR]
by champagne-veuve | 2011-08-13 18:54 | クッキング♪ | Comments(0)

塩麹

最近なんとなーく耳にする「塩麹」
なんとなーく気になっていて本屋さんで立ち読みしてたらうずうずしてきて思わずこちら、購入しちゃいました
a0140814_1925507.jpg

その足でスーパーに向かったワタクシ。でも米麹はさすがに置いてないかあ・・・・。
で、デパートに行った時に買ってきたこちら

乾燥米麹
a0140814_19285116.jpg

200㌘で300円弱
取りあえず試しに使ってみるにはお手頃サイズ?!半分は甘酒の素を育ててみたかったので半分を塩麹にしてみました060.gif

袋から取り出すとこんな感じ
a0140814_19305118.jpg

まあ、かび、だよね。ぶっちゃけ。でも知らなかったけど「麹菌」って「国菌」なんだそうで。
日本の土壌と環境でないと育たない菌だそうです005.gif
こちらを塩と混ぜ合わせてひたひたのお水を注ぐ
a0140814_19321236.jpg


この状態で常温で一週間位放置すると使えるようになるらしい017.gif
ん~、楽しみ~016.gif
発酵の基本は当たり前だけどパンとかの発酵とも同じ事で、私って発酵モノに弱いのか?!
天然酵母も育てながら麹も育てる・・・。色々な菌が蔓延しそうな冷蔵庫になりそうです026.gif

明日は甘酒の素を作ってみよーーっと060.gif
甘酒の素をパン生地に練り込んでも面白そうな気がする011.gif
木村屋さんが酒粕を使ってあんパンを作ってるのでそれに近い感じになるかも?!
[PR]
by champagne-veuve | 2011-08-10 19:38 | クッキング♪ | Comments(0)
ここ数ヶ月グルーポン、使えるじゃん!!って感じで暇な時はチェック034.gif

で、先日「ロビンズクラブ@恵比寿」でのビアガーデンチケット発見!!
一人2980円でアサヒ生ビールが飲み放題、お料理プレートも6皿つくとか060.gif
乗ってくれそうな友人二人を確保し、早速チケット購入!
台風の影響も抜けて酷暑が戻ってきたビール日和な金曜の夜068.gif
ロビンズクラブはOL時代から気になっていたけど結局訪れる事なく過ごしてきたお店037.gif
楽しみだなあ~。
お店に到着するとライトアップされていて綺麗~072.gif
a0140814_18594199.jpg

テンションあげあげ~!

でも残念ながらテンション上がってたのここまで。
テーブルは何ともびっくりするくらい簡素。素敵なお庭や景色が見える訳でもなく、何とも簡素な空間にまずはどんと出てきた生ビール
a0140814_1912688.jpg

まあ、とはいえ一人2980!テーブルや雰囲気が簡素なのは致し方あるまい。
取りあえず生ビールは美味しそうだし「かんぱ~い!!」
とごくごく飲み干す。
そして、また、飲み干す
そしてまた、飲む・・・・。
・・・・あの、、、つまみはまだですか??
年齢と共にこらえ性のなくなった女三人。取りあえず店員さんに
「すみません、こちらのコースってお食事ついてるんですよね?」
とやんわり催促
「あ、すみません。直ぐにお持ち致します」
その後もしばし待たされ、出てきたこちら
「シェフからのお楽しみプレートです」と店員にっこり
a0140814_1943478.jpg

「これって・・・・??」
「はい、チョコレートパイです」と再び店員にっこり
ねえ、ねえねえねえ、生ビールのつまみで一番最初に出てくるお食事が
「チョコレートパイ」
ってなくない?!えええ??!!はああああ???????
「私、要らない」とワタクシ
「私も」と友人M
飲む女二人は拒否。
いやいや食後ならまだしもなんなんだよ、枝豆が出てきた方がまだ許せたよ、あたい。
むくれつつも次を待つと出てきたのが
「ペンネアラビアータ」
写真とりわすれましたが、あのさあああ、チョコパイの次がパスタってこの店は何かい?!
通常とは食事が逆に出てくる仕組みなのかな?!

で、最後に出てきたプレーとがこちら
生春巻きとケバブ
a0140814_198475.jpg

どおおおおおおおおおおおお考えてもこれが最初だよねえ?ねえ??
取りあえずお腹空いてるし、良いけどね。
挙げ句2時間が終了しそうな時間になると
「申し訳ございません、お時間でございます」
と帰れと言わんばかりにがんがんとプレート下げてく店員・・・・。
はあああーーーーー、この店の店員とサービスの悪さってお話にならないわ031.gif


3000円の内容だからね、多少はしょうがないでしょう。でもね、私達は6930円の内容が2980円だと思うから財布を緩めて伺う訳ですよ。ここでの印象が良ければ定価でも勿論訪れたいと思うのが人というものでしょうに。3000円の内容が3000円でも全く嬉しくもない。

行きのるんるん気分とは正反対の気分で恵比寿駅に向かう女三人・・・・。
ま、こういう日もあるって事で・・・。
[PR]
by champagne-veuve | 2011-08-09 19:26 | グルメ(日本) | Comments(0)

玉ねぎパンとレモンパン

今日は夕方まで時間があったので、一日かけてのんびりパン作り060.gif
先日バゲット作りに使ってイマイチ特徴なかったかな~の「メルベイユ」
混ぜ物をするには反対にシンプルな粉のが良いかな?っていう考えて玉ねぎパン試作してみました001.gif

生地に刻んだ玉ねぎを混ぜ混みたかったので水分量は60%に押さえて生地作り。天然酵母も10%だけ入れてこねこね。
一晩寝かせた生地にベーコンを巻き込んで上からチーズをかけて焼成
a0140814_19573423.jpg
a0140814_19575123.jpg


もうちょっと生地に塩気が欲しかったかなあ~。
少し改良を加えてレシピ完成かも037.gif

もう一つは久々に中種法を使って菓子パン作り053.gif
生地にレモンの絞り汁やレモンの皮を加えてふわふわに焼き上げ
a0140814_200301.jpg
a0140814_2004535.jpg

上からレモン汁と粉糖を混ぜたものでアイシング072.gif
a0140814_206659.jpg


さっぱりした味に仕上がってこちらは満足な出来上がり。
今度はオレンジでやってみようかな~011.gif
[PR]
by champagne-veuve | 2011-08-06 20:06 | パン | Comments(0)

パン作り

地元のお料理教室の先生とのパン研究060.gif
昨日もイロイロ試作してきました001.gif
しつこいですが、私はVIRONで使用している「トラディション・フランセーズ」を使用しての
「バゲット・エピ」
a0140814_1034690.jpg
a0140814_10342252.jpg


先生は「カイザー」の粉と「スワッソン」「レジャンデール」を半々にした粉でエピ
a0140814_10354068.jpg


食べ比べてみるとカイザーが一番美味しいかなあ~って感じでした。
私はトラディションをコントレックスの水100%で仕込んでいたので、生地が重い・・・。バゲットならありだけど、具材が入る生地にはもう少し軽い方が良いんだ、と新たな発見034.gif
因みに先生が作って下さったカイザーはコントレックスと浄水を半々で仕込んでました。

そして、先生が試作して下さったライ麦パン
a0140814_1043386.jpg
a0140814_10435784.jpg

水分が80%も入ってるので焼くまでは厳しいかなあ??これはちょっともしや失敗??
なんて言ってたのに、焼き上げたら今回の試作で一番!!!の美味しさ072.gif
パンが化けた!!って感じ。これは美味しかったので私も家でやってみよーー!と思ってます。

そして、トラディションを生地状天然酵母で仕込んだバゲット
a0140814_10455989.jpg

焼き上げたら目は詰まってるし、味もイマイチ・・・。何故??水分は70%も入れてるのに・・・。あああーーー、トラディション、難しい~021.gif
こちらはまだまだ試作が必要になりそうだわ。。

そして、こちらはVIRONの本に掲載されていた配合でトラディションの粉に茹でたジャガイモを120%加えた生地にチーズを加えて焼いたパン
a0140814_10475480.jpg

もちもちで悪くないけどもうちょっと配合改良したい感じでした。

先生ともまた次回の試作日を決めたのでそれまでまたイロイロ作ってみよーーっと045.gif
[PR]
by champagne-veuve | 2011-08-05 10:51 | パン | Comments(0)