旦那様の海外転勤で初海外生活スタート!~日々の生活を綴ってます~


by champagne-veuve

八月花形大歌舞伎

先日、海老蔵さんの歌舞伎を見た時に翌月公演も気になってたワタクシ060.gif
「歌舞伎美人」のサイトを見てたらぽかっと1日だけ3階席2500円の席がたった一枚残ってる!!歌舞伎素人の私にはこの席で十分!!!しかも一番見てみたいな~と思ってた演目なので速攻で購入053.gif
購入した演目は第二部の作品↓

『八月花形歌舞伎』の第二部で上演される、新作歌舞伎『東雲烏恋真似琴(あけがらすこいのまねご と)』中村福助、中村橋之助、中村獅童、中村勘太郎ら人気俳優。劇作家・演出家のG2今回初めて歌舞伎を作・演出することに なった。『東雲烏恋真似琴』は、橋之助演じる堅物の御家人・新左衛門が、ひょんなことから花魁の小夜と結婚することになるが、彼女は 別れた元恋人に殺されてしまう。その死を認めたくない新左衛門はある日小夜そっくりの人形を手に入れると、人形を本物の小夜と思い込 み一緒に暮らし始める。そのうち小夜が生きているという噂が広まり……というストーリー。

橋之助さんや中村獅童さんの舞台も楽しみだけど七之助さんの女形もどんな感じか楽しみ~016.gif
a0140814_1657252.jpg


a0140814_1715532.jpg


内容は現代劇のような感じで笑いもたっぷり、見やすい内容で舞台演出も面白いなと感じました。
ただ個人的には大分見やすすぎて歌舞伎っぽい情緒や深みが感じられにくいような・・・と感じたけどあくまでド素人の感想です、はい。
福助さん演じるお小夜はさすが、美しい072.gifのに、橋之助さん演じる新左衛門をたぶらかそうとするシーンは恐ろしさもありつつ、笑えてさすが!!
七之助さんの演じるお若も本当綺麗~012.gif


25分の幕間を挟んだ後は12分間の舞踊「夏魂まつり」↓
a0140814_16565497.jpg


京の加茂川べり。如意ヶ嶽の山腹で焚かれる大文字の送り火を見るために、若旦那が芸者たちを連れ立ってやってきます。まるで幻のように夜空を焦がす炎を眺めながら、故人の精霊たちを思い、過ぎゆく夏を惜しむのでした。
 明治、大正時代に活躍した歌人九條武子の遺作で、今回上演されるのは、舞踊詩『四季』の「夏」の部分。京都の晩夏を彩る大文字の送り火を描いた季節感溢れる舞踊を、芝翫が子息や孫とともに情緒豊かに舞います。

橋之助さんのご子息二人も出演されてて中村家3代勢揃い、そして橋之助さんの女形姿は思いの外、綺麗~!!って失礼か・・・。
京都の大文字焼きの景色を舞台でみれて何となく夏の情緒を感じる。明日からはお盆だし、お墓参り、行かねば!!夏の夕暮れのちょっともの哀しいようなしっとりしたこんな雰囲気良いな、そんな気持ちになりました。
[PR]
by champagne-veuve | 2011-08-15 17:17 | ミュージカル | Comments(0)