旦那様の海外転勤で初海外生活スタート!~日々の生活を綴ってます~


by champagne-veuve

ガルーダ商人

昨年12月号の「さらさ」で日本食レストランの特集を見てる時にふと目にとまった「ガルーダ商人」

~「きりしま」という和食レストランは小説、深田祐介の「ガルーダ商人」のモデルとして知られる桐島正也さんのお店~

とある。「ガルーダ商人?」ふう~ん。013.gifそのうち読んでみようかな~。なんて思いながら若干忘れかけてた。

で、そんな折り、旦那様に
「家の会社、ビザおろして貰う為にセミナーに出席しないと駄目だから」
「は???私も??」
「もちろんでしょ。」

で、2日間、ひたすら英語のセミナー&インドネシアの文化について。
a0140814_22505640.jpg

場所はタマンミニ。
会場はこんな仮設会場
a0140814_22515153.jpg
a0140814_2252436.jpg

あのね・・・英語、苦手なんです、ワタクシ。話の内容が一切分からず、かといって眠る訳にもいかず、最後の最後は丸々と肥えたハエの動きを目で追うというていたらく007.gif

自分自身の語学能力の低さに打ちのめされ、はたまた、インドネシアの事についてもあまりに知らなすぎるお馬鹿っぷりに、へこみ、最終的には旦那様に八つ当たりするという二日間021.gif

でもな~、難しい歴史書とか、苦手だし~008.gif
あ!!小説ならいける?!と記憶の片隅に押し込まれていた「ガルーダ商人」の存在が復活049.gif
日本に帰国した際に、早速購入してみる。
a0140814_2243377.jpg


個人的には結構面白かった043.gif
ジャカルタに住んでると、ああ~、ここの事?とか、あの建物ってそうだったの??と060.gif
まあ、今更かいって話でもありますが。
スカルノさんやデヴィ夫人の話も描かれていて、「へえ~、そうだったんだあ」って感じ。
デヴィさん、ワタクシ、バラエティでしかお見かけしてなかったもんで、こんな歴史に翻弄された方だったとは005.gif
やっぱり知らないよりは知っていた方が住んでるうえで、感慨も出てくるようでして。
こんな感じのジャカルタやインドネシア舞台にした小説他にもないかな~??
[PR]
by champagne-veuve | 2010-06-23 23:02 | ジャカルタ生活 | Comments(0)